観光でおすすめの宿泊エリア

パビリオン 観光

マレーシアの首都、クアラルンプールは、高層ビルが立ち並ぶ近代的な街並みと、歴史ある寺院やモスクなどの観光スポットが混在する魅力的な街です。活気あふれるショッピングエリアから、歴史を感じられるエリアまで、様々な宿泊エリアがあります。

この記事では、クアラルンプール旅行を満喫するための、おすすめ宿泊エリアを5つご紹介します。

ブキ・ビンタン

ショッピングとグルメ、ナイトライフを楽しむならブキ・ビンタンです。

クアラルンプールの中心部に位置するブキッ・ビンタンは、ショッピングモールやレストラン、バーなどが密集しており、夜遅くまで賑わっているエリアです。

おすすめポイント

  • パビリオンKL、伊勢丹などの大型ショッピングモールが立ち並ぶ、まさにショッピングパラダイス
  • Jalan AlorやChangkat Bukit Bintangなど、ローカルフードから高級レストランまで、あらゆるジャンルのグルメを楽しめる
  • クラブやバーが多数あり、夜遊びも充実

デメリット

  • 朝夕の渋滞がすごいので、Grabでの移動は時間がかかる。(電車も検討してください)
  • 騒がしい
  • 観光客を狙ったスリや置き引きなどの犯罪に注意が必要

KLCC

ラグジュアリーな滞在を満喫したいなら、KLCC。

ペトロナスツインタワーやKLCC公園があるKLCCは、クアラルンプールのシンボルであるペトロナスツインタワーを間近に眺めることができるエリアです。高級ホテルや高級レストランが多く、ラグジュアリーな滞在を満喫できます。

おすすめポイント

  • ペトロナスツインタワーの展望台からの絶景を堪能できる
  • KLCC公園やアクアリア KLCCなど、大型のショッピングモールや観光スポットがある
  • 高級ホテルや高級レストランが多数あり、特別な時間を過ごせる

デメリット

  • 朝夕の渋滞がすごいので、Grabでの移動は時間がかかる。(電車も検討してください)
  • ブキッ・ビンタンほど飲食店やバーの種類が少ない

チャイナタウン

歴史と文化に触れたいなら、チャイナタウン。

マレーシア最大のチャイナタウンであるチャイナタウンは、中華料理や雑貨店などが並ぶ、活気のあるエリアです。関帝廟やスリ・マハ・マリアマン寺院などの歴史ある寺院もあり、歴史と文化に触れることができます。

おすすめポイント

  • 本格的な中華料理を楽しめるレストランが多数ある
  • 関帝廟やスリ・マハ・マリアマン寺院などの歴史ある寺院がある
  • 比較的物価が安い

デメリット

  • 夜になると暗い場所が多い
  • 治安があまり良くないエリアもある

KLセントラル駅周辺

アクセス重視なら、KLセントラル!

クアラルンプール最大の鉄道駅であるKLセントラル駅周辺は、空港や他の都市へのアクセスが便利で、ショッピングモールやホテルも充実しているエリアです。

おすすめポイント

  • 空港や他の都市へのアクセスが便利
  • ショッピングモールやホテルが充実している
  • 比較的物価が安い

デメリット

  • 観光スポットまでは少し距離がある
  • あまり華やかなエリアではない

まとめ

ブキ・ビンタンとKLCC、チャイナタウンとKLセントラルは、ほぼ隣町です。歩いて移動も可能なくらい近いので、ブキ・ビンタン付近かKLセントラル付近の2択かと思います。

クアラルンプールには、様々な魅力を持つ宿泊エリアがあります。ご自身の旅行の目的や予算、希望に合わせて、最適なエリアを選んでください。

マレーシア旅行を計画する際には、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました